子供のせ自転車を購入したらやること・買うもの

自転車を購入と同時に用意するものや、やることがあります。
同時に準備しておけば自転車が納品されたその日から自転車を快適に使用することができます。

目次

電動自転車と同時に購入したもの

自転車を乗るのに必要な付属品を購入します。

子供のヘルメット

道路交通法の改正で、幼児・児童に対するヘルメットの着用が義務化されました。
子供の自転車乗車時の怪我の6割は頭の怪我だそうです。(警視庁や製品安全協会調べ)
子供は大人に比べ頭が重く怪我をしやすい傾向にあるので、必ずヘルメットを着用します。

日本人と西洋人の頭の形が違うので、頭の形にフィットするヘルメットを選びます。

少し大き目を買ってもよいか?
子供の頭は1年でも大きく成長します。
すぐに大きくなるからと大きめを選んでブカブカの状態だと、事故の時に性能を発揮できないため、ジャストサイズを選びます。

ヘルメットの寿命はどれくらいか?
ヘルメットは、紫外線・汗・雨等の影響で経年劣化し、衝撃吸収性能が少しずつ低下していきます。
衝撃吸収ライナーに使用されているEPS(発砲プラスチック)は、未使用であっても少しずつ内部のガスが抜けて劣化します。
購入後は早めに使用開始し、長くても3年で買い替えるのが推奨されています。

お下がりは、見た目が綺麗でも安全のために新しく購入した方が良いでしょう。
SGマークのついているものを選ぶようにします。

私が購入したのはこちら→OGKカブト PINE 230g
子供が2歳のため、首に負担がかからないものが最優先として、軽量タイプを探して選びました。

電動自転車スイッチカバー

高い買い物なので、電気系が壊れたらイタイ!ということで購入しました。

タイヤの空気入れ

子ども乗せ電動自転車は太い丈夫なタイヤを使っているものの、重量があるので空気の減りが早いということで購入しました。
街の自転車屋さんでは無料で空気を入れられるところもありました。

サドルロック

自転車を気に入っているので、さあ乗ろう!と思った時にサドルがなくなってたら悲しい。。ということで購入。
1回つけたらもう考えなくていいので取り付けて安心。

ワイヤーロック

電動自転車は重量があり盗まれにくいので不要という声が多いですが、私は心配性なのでとりあえず購入。
私が購入したのはコチラ→TONYON/ワイヤーロック(ディンプルキー2本付き)
ただ、最近取り外しが面倒になってきました。。

チャルドシートクッション

私が購入した自転車のbikkeは専用クッションがあるので購入。

チャイルドシート雨よけカバー

これはまだ購入していませんが、今後買う予定。
(なかなか選ぶ時間を取れず今は70Lの透明ゴミ袋を被せて代用中。早く買わないと見た目が^^;)

レインカバー(全体を覆うもの)

私は必要と思いBIKKE純正品を購入。
大きさぴったりで言うことなしですが、最近はしょっちゅう出かけるので、取り外した時の置き場に困るため現在は使わず保管中。
これから暑くなったりでしばらく使わなくなったらかけようかなと思っています。

自分のカッパ・日よけUV手袋、帽子など

子供用の日よけ対策、防寒対策グッズ

日々あれこれ試して検討中。

 

自転車を購入時にやること

防犯登録をする

防犯登録は法律で義務化されています。
新車、中古車に関わらず防犯登録の対象となります。防犯登録料は500円(非課税)。
防犯登録は、購入時に自転車屋さんが行ってくれることが多いです。していなければ登録所の指定を受けている自転車販売店に防犯登録をしに行きます。

自転車保険に入る

私は当初何も知らず、購入時に販売店がやっている保険に入りましたが、保険対象者が所有者にしかかからないことを知り、
その後、TSマークを取得しました。

TSマークとは?
TSマーク付帯保険とは、TSマークに付帯された保険の商品名で、三井住友海上火災保険株式会社が運用を行っています。
TSマーク付帯保険は自転車に付く保険であるため、TSマーク付帯保険に加入している自転車を運転していれば、所有者本人の他、家族や友人も補償の対象となります。

自転車保険加入は義務?
全国的な自転車保険加入義務の条例施行の流れを受けて、東京都でも2020年4月1日から自転車保険が加入が義務化されました。
義務化の対象は「自転車の損害賠償保険」で、大人、子どもを問わず、都内で自転車を利用する人が対象となります。(未成年の子供が自転車を利用する場合は、保護者が加入)

今のところ罰則はありませんが、義務化された背景には、9500万円以上の高額の訴訟が増加していることを考えると、
年1200円〜5000円程度のコストをかけても入る意味はあるかと思います。

自動車や住まいの保険、傷害保険や生損保一体型保険などの特約で賄える場合があるようですので、すでに契約している保険を確認してみたりするのもありです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる